読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェでドヤる時の開発環境紹介

なうでカフェでmac開いてドヤってます(どやってはいない)

家でも作業とか勉強してますが。

 

気分転換にカフェで作業&勉強するとなんだか捗るんですよね。はい。

そんな快適な環境で開発作業や勉強するには快適な開発環境が必要ですよね?

ってことでナウで快適にReactの勉強をできている開発環境とおまけを紹介します。

 

■PC

Mac Book Air (Capitan)

軽いっす。

Caffeineを使ってスリープ防止!

 

■開発

 □エディタ

    Atom (最近入れました)

 □仮想環境まわり

    VirtualBox(CentOS7)、Vagrant、Ansible

 □IDE

    Eclipse(がち開発の場合)

 □コード管理

    GitHub

 □メモ

    Boostnote(プログラマ向けノートアプリ)

 □クラウドメモ

    SimpleNote (共有しておきたいメモ)

 □ターミナル

    iTerm(定番)

 □音楽

    iTunes

 □タスク管理

    Todoist(愛用)

 

■情報収集

Pocket

Feedly(いっぱい登録してるよ)

Qiita

 

WEB+DB PRESS

これを参考にReactとかFluxとかいじいじしてます。

フロントエンドっておもしろい!

 

■カフェでの流れ

1. コーヒ注文

2. 席の確保

3. Macを開く

4. 本を置く

5. ポケットWi-Fiの確認

6. Feedlyとかでなうい記事を眺める

7. 作業開始

8. Atomを開く

9. ターミナルでVagrantを実行、理想の仮想環境上で作業!

10. AtomMacの開発用のフォルダはsync済みなので、書けばすぐにローカルで確認できる(もちろんLinux上の結果をね)

11. 本を見ながら写経など。

12. 飽きたらFeedlyを見る

13. Qiitaをチェック

14. 21時になり、追い出される

15. 終わり

 

さいごに

 

コーヒすぐ冷めます。